So-net無料ブログ作成

リージョン・オブ・オナー美術館(2) [外国の美術館、博物館]

SF_ViewFromtheEntrance.jpg


美術館からは、サンフランシスコ湾が一望のもと、海が見えて気持ちがいい。
正門を入った広場に、ロダンの「考える人」が鎮座していたが、ロダン作品がいくつもあるので、
丸天井のドームのような明るいロダン部屋がある。
SF_RodinRoom.jpg


(Ⅲ)19世紀
展示室には、彫刻を適宜、配置してあり、アクセントになっている。
ロダンの師Carrier Belleuse 「スコットランドのメアリ女王」 1860年

SF_QueenMary.jpg

メアリ女王の彫刻の後ろに見える絵は、英国のラファエル前派に属する
ウィリアム・ホフマン・ハントの「誕生日」1868年
妻の21歳の誕生日の記念肖像画。ルネサンス風の構図で豪華な衣装。
SF_Hunt.jpg


一際明るい風景で人目を惹くのは、英国人エドワード・リア 「MASADA」 1858年
MASADAは、この頃、発見されたイスラエル、死海の城址遺跡。
SF_MASEDA.jpg


フランス革命で、ロココの画風は凋落し、古典的画法の新古典主義がもてはやされた。
そして、より一層躍動感を求めた色彩豊かなドラクロワに代表されるロマン派も生まれた。
左)新古典主義の女流画家エリザベート・ヴィジェ・ルブラン「Mornington伯爵夫人」 1791年 
右)ドラクロワ「Charles de Verhinacの肖像画」 1826年


SFDelacroix_vige=Lebranのコピー.jpg


左)カロリュス・デュラン「マリー=アンヌ・カロルス・デュラン(アーチストの娘)」
  犬と少女、かわいい! 
右)バスティアン・ルパージュ 「サラ・ベルナール」1879年
大女優サラ・ベルナール、威厳あふれる表情。手に持っているのは、竪琴を弾く人物の木彫。

名称未設定 3のコピー.jpg

 

この時代、中東(オリエント)への憧れがあり、中東を描いた色彩豊かな絵は人気だった。
ジェローム「The Bath」 1880年   目撃者のような視点で描かれた絵。
SFJerome.jpg


写実主義で、貧しい庶民の生活を多く描いたドーミエ 「三等車」1856年
SF_Domie.jpg


(Ⅳ)印象派(1874年~ 

シスレー  ロワン河岸 Banks of the Loing 1891年
シスレーは、ロワン河岸のモレ=シュル=ロワンで晩年の10年を過ごしたので、
ロワン河岸を描いた作品はいくつもある。これは緑がまばゆく美しい。

SF_Sislay.jpg

ピサロ 「ディエップの港」 1902年
ノルマンディ地方の港町ディエップは、ドーバー海峡に面し、ピサロの時代には、
フランスでも有数の保養地だった。ピサロにしては珍しい海を描いた絵。

SF_Pissaro.jpg

左)スーラ「エッフェル塔」1889年 
右)マネ「キリストの頭部」晩年の作品。キリストの表情を描いている。
宗教画の主題だが、描き方は近代風で注目された。
 この絵は、シカゴ美の「兵士に侮辱されるキリスト」の表情研究として描かれた。

SF_Soula_Manet.jpg   

ドガ「トロッティング(速足)で走る馬」
左後ろに、ルドンの絵。

SF_Dogas_Horse.jpg

美しい大理石の彫刻。
ジュリオ・モンテヴェルデ「少年時代のコロンブス」1892年
左後ろは、英国のアルマ・タデマ「見晴らしのよい場所」1895年

SF_Corombus.jpg
左)モネの「睡蓮」
右)カイユボット「セーヌ川沿いのひまわり」1885年
カイユボットはパリ郊外アルジャントゥイーユのレガッタで有名な場所に別荘を
持っていた。遠くのレガッタを庭に咲くひまわり越しに見ている。
 

SF_Monet_Caillebot.jpg


ルノワール、セザンヌ共に森を描いた風景画、ロートレック、ファンタン・ラトゥール
作品は、私にとっては平凡だったので、写真は撮らなかった。
ゴッホの栗や洋梨がある静物画、マネの少年、帽子屋など、パンフに載っている

見たい作品は、貸出中とのことだった。

もっと時間があれば、ゆっくりと過ごしたい美術館だった。
ここのチケットで、少し離れた所にあるアメリカ美術専門の美術館にも行けるように
なっていた。



nice!(31)  コメント(13) 
共通テーマ:アート