SSブログ
前の1件 | -

奈良美智美術館 [展覧会(西洋画)]

奈良美智美術館は栃木県那須塩原市にあり、「N's YARD」という名前である。
那須市は、明治時代に元勲や貴族たちの別荘が建てられ、天皇家の御用邸がある。
奈良美智は、那須の出身ではないが、ここを気に入り、2005年からここで制作を
行っている。
N's YARDは、今も建物が残る明治時代の外交官青木子爵の別荘の敷地の一角にある。
青木子爵の妻はドイツ人で、鴎外の「舞姫」のモデルだそうで、建物内を見学できる。
N_tatemono.jpg

青木家別荘とは対照的な近代建築。外壁には地元の「芦野石」を使っている。


中は自然光が降り注ぐ。
奈良美智の描く「自己主張の強い女の子」は、見かけたことがあるかと思う。
MoMAやロスの現代美術館にも展示され、今や絵の値段は相当なものである。

第1室には、やさしい幻想的ともいえる絵。
Nara_Mizu.jpg
若い時の作品も展示されていた。
右端のヌードがピカソっぽくもあり、彼のオリジナリティはまだ表れていない。

N_Geidai.jpg


いよいよ登場。大きな頭に特徴的な眼。ちょっと意地悪な女の子。

N_Rotta.jpg

かわいい子もいます。髪の毛と目が同じ色というユニークさ。

N_Onnnanoko.jpg

本を読んでいても、メロディが浮かんでくる女の子のスケッチ。
奈良が音楽好きだからだろう。

N_Merody.jpg


ヘアスタイルが豪華な女の子。下の棚には奈良の集めたこけし人形などが置かれている。
中央にあるのは、横たわる釈迦(寝釈迦)のポーズでこけし顔の石膏作品。

N_kurikuri.jpg
戸棚の中にも「こけし」、こけしの顔がだんだん奈良ワールドになってきている。
左端のペコちゃんは、顔がロッタちゃんに近づいてきた。

N_Kokesi.jpg

音楽好きの奈良の好きなレコードジャケット。制作は音楽を聴きながら、するそうだ。

N_RecordJacket.jpg

このときは、コロナのため休みだったが、カフェも併設されている。
この白熊は、奈良が大好きなものでここに置くために持ってきたそうだ。
オルセー美術館にもいるフランソワ・ポンポンの「シロクマ」のミニサイズ。

N_shirokuma.jpg

こんなオブジェも。


N_CupNingyou.jpg


外には野外彫刻。「Miss Forest」

N_Niwa.jpg

振り返ると、室内に映り込んでいる。面白い光景。


N_Uturikomi.jpg


「N's YARD」は、冬の間はお休みです。


nice!(36)  コメント(4) 
共通テーマ:アート
前の1件 | -